『THE CAULIFLOWERS』

コンカリーニョプロデュースSampling 2nd

―昭和生まれの淑女をサンプリング―

Become The Cauliflower
───私たちは、カリフラワーになるために産まれてきたっていうの?

「ユウスケ……? お母さんだよ。わかるかな?
この映像を見てるってことは、多分私はもう、カリフラワーになっていると思う」
~登録者名:鈴木 咲のスマートフォン映像より~

独身コンビニ店員、白井花子(37)は
その荒んだ人生を変えるべく好条件の婚活パーティに参加する。
乗り込んだバスが行きついた先は不気味な白い巨木が生い茂る広大な森の中……
その瞬間、白井の視界はホワイトアウトした。

 

白井が目を覚ますと
そこは大きなファミリーレストランのカウンター
足は椅子に縛りつけられ、身動きが出来ない。
目の前には美味しそうなカリフラワー料理。
まだはっきりしない頭で、これは夢だと考えた白井は
カリフラワーをひとつ、口にした。

 

白井はその時、まだ気づいていなかった。
背後のファミリー席には人間大の巨大なカリフラワーが物言わず鎮座。
テーブルには食い散らかされたカリフラワー料理。
その傍らには、スマートフォンが置いてあり、
動画の録画が終了していることに。
そこから語られる真実に。

 

ブロッコリーを食べた人間はブロッコリーになる…
そして市場に出回っているブロッコリーもまた…
劇場プロデュース公演にもかかわらず、その狂い切った世界観で札幌演劇界を震撼させた
ソリッドシチュエーションサイコホラーブロッコリーコメディ『ザ・ブロッコリーズ』から2年。
あの怪作の精神的続編がなぜか今になって堂々登場。
二度と実現不可能な豪華女優陣が集結。
圧倒的修羅場を実現するソリッドシチュエーションサイコホラーカリフラワーコメディを目撃するのは、貴方です。

 

 

《脚本》深浦佑太(プラズマダイバーズ)
《演出》イトウワカナ(intro)

 

《出演》
のしろゆう子(intro)
澤田未来(ELEVEN NINES)
庄本緑子
三木美智代(劇団風蝕異人街)
澤里有紀子(劇団ひまわり)
高道みゆき
新井田琴江(劇団怪獣無法地帯)
小島達子(ELEVEN NINES)
山村素絵(劇団イナダ組)
藤谷真由美

昭和レディ
(牛島有佳子、海原章子、長谷川史織、菅野のぞみ(DR-z))

 

 

《公演日程》
2018年9月20日(木)~22日(土)
9月20日(木) 19:30
9月21日(金) 14:00/19:30
9月22日(土) 11:00/15:00 各開演
(開場は開演の30分前)

 

 

《料金》
・一般 前売3,000円/当日3,500円
・学生 前売1,300円/当日1,500円
・高校生以下  500円(前売・当日共に)
・シニア割(60歳以上)  1,500円(前売・当日共に)
コンカリーニョメルマガ会員 2,600円(要事前予約)
・平日昼割 前売2,600円/当日3,000円(※21日(金)14:00公演のみ)
特典付きチケット 3,500円(出演者全員と脚本家、演出家のサイン入りクリアファイル付。要事前予約

※クリアファイルは当日会場でもお買い求め頂けますが、脚本家のサインは入っておりません。
サイン入り1,000円/サイン無し300円

 

 

《チケット取扱い》2018年7月20日(金)10:00チケット発売開始
・ローソンチケット(L- 11784)
・コンカリーニョ(予約/前売り)
・CoRichチケット(予約のみ) 携帯からの予約はこちらをクリック!

 

《会場》
生活支援型文化施設コンカリーニョ
(札幌市西区八軒1条西1丁目 ザ・タワープレイス1階)

 

 

《ご予約・お問合せ》
NPO法人コンカリーニョ
TEL:011-615-4859 
TEL:090-9528-6076(制作)
MAIL:ticket @concarino.or.jp

 

 

《STAFF》
照明 高橋正和
音響 橋本一生
舞台監督・美術 高橋詳幸(㈱アクトコール)
音楽 佐々木隆介(Anokos)
衣装 佐々木青
写真 奥山奈々(Pyloninc)
デザイン 山田マサル(Pyloninc/Paingsoe)
制作補佐 さとうみきと(座・れら) 、鎌塚慎平(劇団・木製ボイジャー14号)、長谷川真衣、木村歩未(劇団fireworks)
協力 宮永麻衣(パフォーマンスプロダクションCOLORE)、ウメツケンイチ(ex.fiction)、蝦名里美(パフォーマンスプロダクションCOLORE)
プロデューサー 藤谷真由美
企画・制作 NPO法人コンカリーニョ
後援 札幌市・札幌市教育委員会