踊り放題ランド 6月4日(日) ラインナップ

※掲載順は上演順ではありません。

Akinorism 「たるお」

作・振付・出演:鈴木明倫(劇場型DANCE STUDIO LoRe)
出演:坂本菜々子、原田美緒菜、舟橋日向、菅野朱音、塩野美白、山田裕貴

日常を非日常に変える。
それは一見難しいようだが、生活の一部をちょっと違う角度でみてやるだけでガラッと変わる。辛い出来事もちょっとした発想の転換でハッピーな出来事に変わることだってあり得る。
常識に囚われない。

本作品は僕が子どもの視点で描く本気の遊びです。
人生一度きり!楽しいことをしよう!

 

【プロフィール】

鈴木明倫

劇場型DANCE STUDIO LoRe主催。
北海道教育大学岩見沢校芸術課程卒業、美術教師の免許を取得。
10歳よりJAZZダンスを始め、その後様々なジャンルのダンスを学び、オールジャパン学生ダンス選手権全国大会コンセプト賞受賞やKING
DANCE CONTEST
FINAL準優勝など数々の大会で受賞を重ねる。現在は日本全国多くの舞台に立ち、海外でも活躍する。
龍谷学園高等学校ダンス授業特別講師。

◆経歴

・テレビ朝日ミュージックステーションにSuperflyのバックダンサーとして出演
・和楽器バンド「Strong Fate」MV出演
・TEAM NACSコンサート「ドリームジャンボリー」振付&バックダンサー(2006&2008)
・DREAMS COME TRUE オープニングアクト(2009)
・JRタワーステラプレイスCM出演
・マルハンCM振付・出演
・劇団千年王國「狼王ロボ」にロボ役として札幌、宮崎、中標津、帯広、美唄での公演に出演(TGR大賞、TGRオーディションス賞、神谷演劇大賞 受賞作品)
・島崎徹振付「神戸女学院舞踊専攻公演」にてゲストダンサーとして出演(2012&2014&2015)
・歌舞伎俳優?市川猿之助主演「八岐大蛇」(京都・春秋座)にダンサーとして出演(2014)
・ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」東京?大阪公演出演(2011&2013)
・香取慎吾主演ミュージカル「オーシャンズ11」出演
・東京、福岡、大阪、名古屋にて東宝ミュージカル「エリザベート」にトートダンサーとして全225公演出演(2015?2016)
・韓国ソウルの国際ダンスフェスティバル「NEW DANCE FOR
ASIA」に招聘され、作品「pitch」を発表
・韓国コヤンでの国際ダンスフェスティバル「GOYANG INTERNATIONAL DANCE
FESTIVAL」に招聘され、作品「pitch」を発表
・香港の国際ダンスフェスティバル「Asia male contemporary dance show case episode7」に招聘され作品「KAMUIRU」を発表、同時にWSも行う

 


河野千晶 「玉砂利」

 

振付・出演:河野千晶
音楽:chiharu mk

【玉砂利】玉。魂。御霊の籠った、美しい、宝石のような、大切な小さい石。

(c)yixtape

[プロフィール]

河野千晶

20代でコンテンポラリーダンスに出会い、以降作品を作り始める。
北海道ダンスプロジェクト公演「新たなる挑戦3」では自身による振付出演作品「雌の」が乗越たかお賞を受賞。
近年は櫻井ヒロとのユニットmicelleとしてコンタクト・インプロビゼーションを軸に活動中。
2016年の出産を機に、親子で触れ合うダンスなど新たな方向性を模索している。

micelleHP http://micelle.jimdo.com

 


昭和レディ 「ナウい女になりたくて、昭和レディ・邁」

 
作・振付・出演:牛島有佳子(CONTE-SAPPORO Dance Center、DanceRing-zone)
出演:油屋真由美、海原章子、伊藤さやか(DR-z)、加藤由亜(DR-z)、菅野のぞみ(DR-z)、小鹿道子、佐々木理恵、高瀬育子、長谷川史織

 

 

昭和レディ…
それは、現在進行形で輝く昭和生まれの女性たちが集まった青春集団。
観てくださったお客様に元気になってほしい!をモットーに公演を行う。

昼は普通のOLとなり日々戦っている昭和レディ。
悲しくったって、苦しくったって…舞台の中では平気なの。
いくつになっても輝くのは、今。
さぁ、輝く汗をご覧あれ!

 

 

【作家プロフィール】

牛島有佳子
様々なジャンルのダンスを学び、現在はコンテンポラリーダンスに没頭中。 他ジャンルのアーティストとのコラボ、美術館や森などでも踊る他、ソロ作品も発表する。
また、昭和レディとしても、他作品に参加、自主公演を行うなど活動中。


岩渕貞太ソロ 「DISCO」

NPO法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク 踊りに行くぜ!!II(セカンド)委嘱作品
初演: 2017年「踊りに行くぜ!!」II(セカンド)vol.7 仙台公演

 
振付・出演:岩渕貞太
選曲:多田淳之介(東京デスロック)
映像:細川浩伸
振付アシスタント:酒井直之
衣装:小暮史人(Desigh Complicity)
 

音楽、ダンサー、観客の間を巡る駆け引き。 三者の間で起きる交感。

音楽はダンサーと観客を等しく誘惑し、観客はダンサーに踊れと視線を送り、ダンサーは観客を自分の世界に誘う。
三者それぞれの「踊ること」と「踊らされること」が混じりあう『DISCO』。

 
撮影:藤本 彦

 

【プロフィール】

岩渕貞太

2005年より、「身体の構造」や「空間や音楽と身体の相互作用」に着目した振付作品を発表する。2010年から大谷能生や蓮沼執太など音楽家と共に身体と音楽の関係性をめぐる実験作を継続的に発表。その他にもア二メーション作家・現代美術家など、他ジャンルの作家とのコラボレーションにも精力的に取り組んでいる。世田谷美術館のエントランス、横浜美術館グランド・ギャラリー、六本木アートナイトでの野外公演など劇場外でも空間の特性を活かしたパフォーマンスを発表。その他ワークショップの開催など多方面で活躍している。関かおりとの共同振付作品『Hetero』で、横浜ダンスコレクションEX2012「若手振付家のための在日フランス大使館賞」を受賞。急な坂スタジオレジデントアーティスト。アトリエ劇研アソシエイトアーティスト。2017年度セゾン文化財団シニアフェロー。

 


Guest作品 あけみママ

photo by MILLA

 

あけみママ(たかぎまゆ)

振付/ダンサー/イベントプロデュース/サラヴァ東京店長
6歳より現代舞踊の安藤哲子に師事。その後ジャズダンスやショービジネスなどの様々なステージを経験。
1997年より たかぎまゆの名でソロ活動開始。コンテンポラリーダンスの世界に足を踏み入れる。
フランス、韓国、東京、横浜、札幌、大阪、など国内外の都市で作品を上演。
1999〜2011年 Nibrollの公演に多数出演。日本 、ニューヨーク (the kitchen)、フランス(Festivald’Avignon )
オランダ(Juli Dance Festival) ドイツ、インド、タイ、韓国等の公演に出演。
2011年より大人ディスコあけみを主催。源氏名あけみママ。
いい大人が真剣に踊り真剣に遊ぶ観客参加型の極上に楽しい今までなんか有りそうで無かったダンスを中心に
娯楽とアートが融合する宴を夜な夜な開催。渋谷のライブハウスサラヴァ東京を拠点に大好評展開中。出張承り中。

2015年10月より一般公募のサラヴァ東京DANCE SHOW CASEを主催。

大人ディスコあけみHP http://disco-akemi.com/

サラヴァ東京 http://l-amusee.com/saravah/