途中経過発表&ディスカッション「ラララ・ララルー」

1月17日(土)「踊りに行くぜ!!」セカンドvol.5 札幌公演に先立ち、Bプログラム 原和代 作・振付「ラララ・ララルー」の途中経過発表&ダンスディスカッションを行います。ぜひ、ご参加ください。

日時:12月22日(月)19:30~21:00

会場:生活支援型文化施設コンカリーニョ

入場無料(要 予約) TEL 011-615-4859

ラララ・ララルー
原 和代(大阪)

jcnn2014_hara

記憶を呼び覚ます音。
その音を聞くと、特定の場所と深く結び付いた記憶があらわれる。
都市に漂う音。
その音を聞くと、ある時間の点が蘇る。
抱える記憶の違う人々が行き交う都市が持つ音の風景。
いつも聞いているはずの街の音が、
なんだか知っているような歌にも聞こえてくる。

女「雪が降るとね、音が消えるから。

みんな眠くなるの。眠くなって眠るの。

だんだん音が聞こえなくなるとね。

聞こえるのよ。雪が積もる音。

そしたら、耳の奥の方から、音が近づいて来るの。

キーンって。」

流れ込む記憶がわたしたちの身体に帯びてくる。

作・振付・演出:原和代   出演:梅村和史、上村優子、柴田詠子、高橋千尋、堀内まゆみ、宮脇誠、村田ひろみ、森三成子、若林泰子
テキスト・ドラマトゥルク:林慎一郎(極東退屈劇場)、衣装:アキヨ(jellyfish)、サウンドデザイン:金子進一。(T&Crew)